あらすじ  |  ギャラリー
あらすじ

ノスタルジーだけではありません。ここには、まぎれもなく“日本”があり、“日本人”がいます。

太平洋戦争が終わって10年余りが経過した昭和31年の春。
東京・深川の木場の小学校に、坂本理恵子という名の新しい先生が赴任してきた。時を同じくして、6年4組に神戸からの転校生・宮永志津がやってきた。歌手になるという夢を持つ、明るく美しい女の子だった。スポーツも勉強もできる志津はたちまちクラスの人気者になる。そんな志津を、学級委員長でクラスの中心的な存在である建具屋の息子・アキラも、強く意識するようになる。

坂本先生は、年末に開かれる地区合唱大会での優勝を目標に掲げ、6年4組からは、志津や彼女と仲のよい、君代・ヒカル・ヤヨイ・そしてアキラや医者の息子で秀才のハカセらがメンバーとして選ばれる。実は坂本先生は、特攻隊で亡くなった兄から「教師になって童謡を子どもたちに伝えていってほしい」という遺言を受けて、音楽教育にとりわけ強い情熱を持っていたのだった。ガキ大将だがどこかに影を背負っているゴン、アキラの遊び仲間のヨシオやテル、そしてメンバーには選ばれなかった子どもたちも合唱大会への参加に胸を躍らせる。しかし、アキラやゴンたちが起こしたある<事件>が発覚し、先生たちの厳しい判断で、合唱大会への参加は中止となってしまう。アキラと志津の間には溝ができ、そのまま夏休みとなった。




そんなある日、志津が海の事故で突然亡くなってしまう。大きなショックを受けるアキラ。しかし、意外にも志津に対して秘めた思いを持っていたゴンの強い勧めで、アキラはもう一度合唱大会に出られるよう学校に掛け合う。その熱意は校長先生を動かし、再び合唱大会への参加が許される。坂本先生のもと、子どもたちは、亡くなった志津への想いや突然転校してしまったゴンへの想いを心に担いつつ、冬の大会に向けて厳しい練習に取り組んでいくのだった。……